まずは体験

 

【子どものトレーニング】

昔に比べて外で遊ぶ機会がめっきり少なくなった子どもたち。

公園の遊具なども安全重視で遊びのバリエーションも限られ、木登りや、鬼ごっこ、ケンケンなどをしている姿も見かけることはなくなりました。

子どもの運動能力はこういった多くの身体を使う遊びの中から自然に身についていたものですが、最近では学校の「体育以外は運動をしない子ども」と野球やサッカーなど「専門スポーツに取り組む子ども」に分かれてしまう傾向にあります。

特にスポーツ障害と呼ばれる症状に苦しむ子ども達や競技をやめてしまう子ども達も多いのが現状です。

そんな中で、一人ひとりの成長の段階を見極め、適切な運動指導をすることが重要になってきます。

STAGE LABOではそんな子どもたちの運動能力を7項目に分け、運動の苦手なお子様を運動好きに、専門スポーツに取り組むお子様の更なるパフォーマンスアップのお手伝いをいたします。

【7つの運動能力】

・バランス能力・・・文字通りバランスをとる能力です。
・分化能力・・・物を扱う能力です。ボールやバット、ラケットなど、その他道具を使う能力です。
・定位能力・・・自分と相手、対象物との距離を調整したり、制限時間などとの調整をしたりする能力です。
・リズム能力・・・動きのリズムをつくる、相手のリズムに合わす、逆に相手のリズムに合わさないなどの能力です。
・反応能力・・・声・音・合図、その他何かに反応する能力です。
・変換能力・・・動きの切り替え、上下・前後・左右に自由自在に動ける能力です。
・連結能力・・・身体の色々な部分を使いこなし、人の動きを真似したりイメージ通り動いたりする能力です。
これら7つのエッセンスを楽しみながら実践していただけるプログラムで運動好きになりましょう!!

トレーニングの流れ
トレーニングの流れ
トレーニングの流れ

現代では運動が嫌い、苦手という子どもが多く、メタボ小児が年々増えています。それに伴い、子どもたちに運動やスポーツの楽しさと重要性を伝える体育家庭教師や親子スポーツ教室などが注目を集めています。体育家庭教師や親子スポーツ教室では、子どもの成長に合わせた運動指導を行っております。こちらでは、子どもの成長と運動についてご紹介いたします。

【幼児・小学生】

幼児・小学生は脳と神経系が発育期となります。身体を使って様々な運動を体験することで、脳は新しい動作を覚えていきます。そのため理想的なスポーツスキルは、小学生の間に習得することが望ましいといわれています。野球やサッカー、水泳など一つのスポーツや運動を行うよりも色々なスポーツや運動を体験させることが大切といわれています。

【中学生】

中学生は身長と呼吸循環器系の発育期です。骨が大幅に成長するため、激しい運動やスポーツを繰り返し行うと骨への負担が掛かりやすい時期です。激しい運動ではなく適度な運動を継続的に行い、スマートな動作を続けることができる能力を身につけた方が良いでしょう。

【高校生】

高校生は筋肉の発育期であり、筋力が発達する時期です。筋力トレーニングやティラピスなどのトレーニングで本格的に筋肉を鍛える時期となっています。このように成長時期に合わせて、必要な運動も異なってきます。小さい頃の筋力トレーニングはダメというのは、このような段階を踏まえて、スポーツスキルを身につけるようにした方が良いという背景からではないでしょうか。

生活習慣病など健康を害するリスクは常々指摘されていますが、特に子どもに関する健康リスクが問題になっており、体育家庭教師などによる運動指導のニーズが高まっています。こちらでは最近指摘されている子どもの健康を害するリスクをご紹介します。【肥満症】メタボリックシンドロームは社会問題にもなっていますが、最近ではメタボもしくはメタボ予備軍の子どもも増えてきています。特に運動設備の少ない東京や大阪など都市部エリアで多く、ファストフードや外食が多く栄養が偏りがちなことや、ゲームやパソコンなどの普及により運動量が不足していることが原因になっています。日本人は世界でも特に太りやすい体質と言われており、トレーニングスタジオ、体育家庭教師の役割が注目されています。【ロコモティブシンドローム】ロコモティブシンドローム(運動器症候群)という言葉は徐々に浸透していますが、運動機能が十分に機能しない、ロコモティブシンドローム予備軍の子どもが増えています。跳び箱を飛ぼうとして両手首を骨折、片足で立っていられないなどといったこともあるようです。国にも問題視されており、健康診断の見直しも行われています。【生活リズムの乱れ】大阪は都市部ということもあり、市内は夜でも明るい環境が多いです。その影響からか、子どもの生活も夜型化の傾向にあります。朝決まった時間に起きて夜決まった時間に寝るという生活リズムが崩れると、起きている間に活動する力が湧いてこない、無気力、姿勢が悪くなっていくという悪循環になります。生活リズム改善を目的とした親子スポーツ教室やスポーツ家庭教師のニーズは特に都市部で高まっています。

ジュニアトレーニング
ジュニアトレーニング
ジュニアトレーニング

現在、クラブなどでスポーツをされているキッズ・ジュニアアスリートにとって、レベルアップの悩みはついて回るもの。
・なかなか上手くならない。
・どうしてもできない。
・思い通りに身体が動かない。
・同じ失敗を繰り返す。
・失敗の原因がわからない。友達との差を感じる。
など、さまざま。その原因はなにも【筋力】 だけではありません。
スタジオ禅ではそんな悩みの原因を 『7つの運動能力』 に照らし合わせ評価、実践することで「身体を自由自在に操る」お手伝いをいたします。

トレーニングの流れ
トレーニングの流れ
トレーニングの流れ

「苦手な運動を克服したい」
「得意をさらに伸ばしたい」
「兄弟でレッスンしたい」
「頑張っている子どものために家でもできることが知りたい」
スタジオではパパ・ママと一緒に運動できるコースも設けております。
楽しみながらご自宅やお近くの公園などでできるトレーニングなどもお伝えいたします。
また、ご兄弟やお友だちとご一緒のコースもご用意しております。
詳しくはお問い合わせください。

サーキット30
サーキット30
サーキット30
カウンセリングで目的や得意、不得意なこと、実施スポーツの種目などを聞き取り、グループorパーソナルを選択します。【グループトレーニング】・ジュニア期に必要なコーディネーション能力(協調性)にアプローチできるウォーミングアップ
・身体を操りながら関節可動域を広げていき、筋肉に適度な負荷を加えて動きづくり
・マット上で座ったり寝転んだりと様々な体勢でトレーニング
・ラダーやコーン、ラインなどのマークを使用し、アクティブに動きながら頭(脳)と身体をつなげるトレーニング
・ストレッチなどで使った部位をセルフケア
・楽しみながらトレーニング【パーソナルトレーニング】上記に加え、体幹や柔軟性、左右差などを考慮し、一人ひとりにあったオーダーメイドプログラムでアプローチします。

ジュニアトレーニング
ジュニアトレーニング
ジュニアトレーニング

  • まずは体験
  • 今すぐ電話

営業時間 10時〜21時(最終受付20時)

〒542-0012 大阪市中央区谷町6-5-2 稲垣ビル1F

Copyright© 2019 STAGE LABO All Rights Reserved.